MENU

珠肌ランシェルの全成分!卵殻膜の効果を徹底解析

 

 

珠肌ランシェルの全成分はこちらになります。

水、グリセリン、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ペンチレングリコール、ジグリセリン、卵殻膜加水分解卵白酵母エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミド3セラミド6Uプラセンタエキス、スクワラン、ユビキノン、加水分解エラスチン、ヒドロキシプロリン、アミノ酪酸、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ノイバラ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、スギナエキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、レモン果実エキス、トウキ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、アロエフェロックス葉エキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、ヒバマタエキス、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、ハマメリス葉エキス、ブドウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、マグワ根皮エキス、クララ根エキス、オタネニンジン根エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、メチルヘスペリジン、パルミチン酸レチノール、シアノコバラミン、ナイアシンアミド、コレカルシフェロール、リン酸アスコルビルMg、キシリトール、イノシトール、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリシン、コーン油、(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル−10、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル−10、カルボマー、キサンタンガム、ステアリン酸ポリグリセリル−10、水添レシチン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、水酸化K、シリカ、フェノキシエタノール

 

一番の注目の成分はやはり「卵殻膜」です。

 

卵殻膜には

 

  • シスチンを含む18種類のアミノ酸
  • 3型コラーゲン・ヒアルロン酸
  • LOX酵素

 

が含まれます。

 

シスチンはメラニンを抑制して、シミ・美白の効果があります。
3型コラーゲンは赤ちゃんの肌には沢山ありますが年齢とともに減っていき、弾力が失われていきます。
卵殻膜は、人の肌や髪に近い自然に語りでこれらの栄養素を含みます。

 

またLOX酵素には、傷を修復して肌バリアを復活させる働きがあります。
これにより、水分を正常にお肌に蓄えることがえきるようになり、ハリがよみがえります。

 

卵殻膜以外にもアンチエイジングにきく成分を解析

 

珠肌ランシェルには卵殻膜以外にもアンチエイジングにきく様々な成分が配合されています。

 

  • プラセンタエキス
  • ビタミンC誘導体
  • 酵母エキス

肌の透明ですきとおった状態にしてくれる酵母エキスや、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスが配合されています。
特に酵母エキスのセレプロンCは美白細胞と呼ばれ、メラニンを抑制して新陳代謝を活発にし、シミを消す効果もあります。

 

  • セラミド3
  • セラミド6

角質層で細胞間脂質を構成するセラミドは水分をしっかり閉じ込めてお肌を潤わせバリア機能をアップさせます。
セラミド3にはシワを軽減する機能もあります

 

  • 3種類のコラーゲン
  • 加水分解エラスチン

LOX活性卵殻膜と同様に弾力のカギとなるのがエラスチンです。
コラーゲンとともに水分を肌に抱え込み、ハリを与えてくれます。

 

  • 3種のヒアルロン酸
  • 8種のビタミン

大きさの異なる3種類のヒアルロン酸とナノカプセルに閉じ込められたビタミンにより肌のすみずみまで潤いがいきわたります。

 

珠肌ランシェルの最安値ショップはこちら

 

私の実際にお試しした珠肌ランシェルの効果口コミはこちら

このページの先頭へ